ボイストレーニングをする上で知っておいた方がいい鉄則

最近とってもとってもレッスンのご新規さんが増えてきて嬉しい限りなのですが、ボイトレに関する基本的な部分は何度もブログでも書いているんですがやっぱり大きく勘違いされている方が多いようなので簡単に再確認していこうと思います。

レッスンやボイストレーニングを初めて少し経つと勘違いしがちな部分をいくつかおさらいしていこうと思います。

photo credit: Read About It Later via photopin (license)

スポンサーリンク

最終的には”声区を切り替える”という思考は必要ない

『最終的には』です。最初期には繋げて発声するということが難しい、または想像出来ないので一定の箇所(ブリッジ/換声点)から『切り替えて』という指導をしたり文章を書いたりしています。

ただ最終的にたどり着きたいのは『どの音域でも繋がって歌える』という所なので、いつまでも『切り替えて』と考えていてはいけません。

初期段階では極端に『チェストボイスを持ち上げる』ということは避けたい

だからあえて「ブリッジではヘッドボイスで」と書いたり指導しているわけです。

チェストボイスのまま高音域まで歌おうとすることが声にはとっては1番ダメージが大きく避けたい行為なのでそうでなければ最初はガックリひっくり返ってもいいわけです。

癖としてチェストボイスをそのまま引っ張りあげてしまう方の場合、その発声が固着している場合が多いの“あえて”ひっくり返すという指導をすることも少なくありません。

そしてその癖が取れて高音域はヘッドボイスで出せるようになれば段々と繋げていくことにフォーカスしていきます。

いつまでも切り替える/ひっくり返ってOKではない

上で書いたように『チェストボイスを持ち上げる』よりも『ヘッドボイスにひっくり返る』方がまだマシという話でそれでおしまいではありません。というかここからスタートというかもしかしたらスタートラインにも立ててないかもしれません。

チェストボイスから適切な音域からヘッドボイスに移行できるようになったらそれをブラッシュアップしていく必要があります。

ここからみなさんが思う『力強いミックスボイス』だったり『地声に聞こえるハイトーンボイス』への訓練になります。

喉頭の位置は『低ければいい』というものではない

これもよく勘違いされるのですが『喉頭は下がっているほどいい/下げて歌うのがベスト』と思っちゃっている方も時々いますが全く違います。

まず喉頭を下げて発声している声が通常時(喋っている時)に比べて明らかに自然ではないですよね?

その時点であなたの声にとってベストな状態ではないわけです、それで歌おうとしても恐らく自分が望む声や他人が惹き寄せられる声にはならないでしょう。

以前記事にもしましたが『喉頭の位置が高いよりはまだ低い方が通常時に近い』という事で最初は意図的に「下げて発声する」ということを指導したりしますが、それがベストではありません。

参考記事 発声時喉頭の位置が高い場合『ハイラリンクス』とは?そのメリットとデメリット

参考記事 発声時喉頭の位置が低い場合『ロウラリンクス』とは?そのメリットとデメリット

ガンガンに上がっている状態からは出来るだけ早く抜け出したい

上の参考記事にも書いていますがこの喉頭の位置が極端に高い場合、高音発声時に必要な共鳴が足りず、少なからず余計なプレッシャーをかけながら発声している状態なので、出来るだけ早急にその状態からは離れたいわけです。

だったらまぁ一番わかり易い指導方法としては『出来るだけ喉頭を落として』ということになるわけです。その方が多くの場合で喉頭の位置が高い場合よりも、負担が少ないことが多いので。

『上がっている→下がっている→定位置』という感じでシフトしていく場合が多いです

あくまで最後の喋っているポジション、上がっても下がってもなくという位置に安定するのが目標です。「上がっちゃダメ!だからずっと下げて歌えばいいんだ!」では全くないです。

ただここでもまたよく勘違いしがちですが

喉頭の位置が全く動かないのが正解

というわけではないんです、トーンや声量などによっては少々上がったり下がったりはします、それは避けられません。

それすら許さないようにすると逆に『固定する』という所に力をかけすぎてしまうことがあります。あくまで定位置から大きく上下に動くのを避けたいということです。

チェストボイスと遜色ないヘッドボイスというのはすごく時間がかかる

私自身何年も前から比べたら格段にヘッドボイスの強さは増していますが、それでは聞く人によっては軽い声に聞こえるでしょう。

誰がどう聞いても聞いてもチェストボイスのクオリティにするのはものすごーーーーく難しいです。時間が掛かるものだと理解しておきましょう。

『小さなひっくり返りはあってもある程度出せる』という状態と『どの音域でも一定のクオリティの声を出せる』というのは雲泥の差があります

このブログでもよく書いてる「トーンが変わってもチェスト?ヘッドの橋渡しが出来ていればミックスボイス」と私は考えていますが、それと「全音域で同じようなトーンで歌えるというのは」本当に習得までの難易度や期間が全く変わります。

後者はもしかしたら一生かけて訓練していくレベルのものだと思ったほうがいいかもしれません、それくらい難しいです。

細かい練習やレッスンを何度も何度も繰り返して、ミリミリのバランスを少しずつ見つけて身に付けていくしかありません、それ以外方法はないです。

おわりに

このブログではあまり『簡単に音域が上がる』とか『練習すれば力強い高音が出る』とは書いていないはずです。何故かと簡単に言うと私自身がその納得の行くレベルまで達してないからです。

こんなことを書くと「そんな事言ってる奴が講師とかだめじゃん!」と思われそうですが、少しずつ理想には近づいているんですが、やればやるほどその理想が遠のいていくのを感じます。

やっていけばわかりますが、何かを本気で修めようと思ったら先が段々と遠のいていくように感じるのは発声に限らずどのスキルでもそうだと思います。

ということでそんなディープな世界ですが気になった方は是非レッスンを受けてみてください♪

長い道のりですが真剣に取り組めば確実に成長はします、ただやればやるほどもっともっと!と望んでしまうでしょうが‥‥笑

そんな所で今回はここまで!

スポンサーリンク
記事のタイトルとURL をコピーする

↓このブログ記事著者のレッスンを受けてみる↓ レッスンのお問い合わせはこちら!