小声でヘッドボイスが出ない?初歩的なヘッドボイスの出し方について

今回は質問回答です、また質問文が少なくて大した解決策が浮かんでこないのですが一生懸命回答していきます。

そして本業(実はボイトレ講師なんです)が物凄く忙しくなってきたので、今回限りでこのブログでの質問受付を締め切ります。

どうしても気になること・疑問に思っていることを送って頂いてもいいんですが、今までみたいに出来るだけ回答して記事にすることはないということになります。

この事についてはまた新たにお知らせの記事にして更新します。ということで早速質問内容から見て行きましょう。

photo credit: Jules Holleboom via photopin cc

スポンサーリンク

まずは質問概要

ご質問の主な内容 ご質問者様:平和島静雄 さん 男性

  • ボイトレ歴は、12年。
  • リップロールで適当な音から最高音まで
  • オクターブでリップロール、最高音まで
  • ホーやオーで裏声を適当に出す(裏声に慣れるために)
  • ※最高音はB4でブリッジの音はD4~E4辺りです
  • 今年の3月までは喉を絞めての裏声しか出せず、F4も苦しかった状態でしたが、3月下旬から急に裏声が出るようになり、初めはカラオケでのマイクを通そうとすると力みが大きくて出たり出なかったりでしたが、今はなんとかマイクには入るようになってはいます。
  • しかし、息漏れした裏声しか出せず、最高音に近づくにつれて声が大きくまた声帯を締めたような感じになります。息漏れをなくそうとしても、自然に息が多くなってしまい、小さく出そうとするとそもそも出ないので困っています。
  • どういった練習をしていったら良いでしょうか?

添付されていた参考音源

今まで幾度と無くこのブログで書いてきたとは思うんですが、今一度おさらいの意味を込めて確認してみましょう。

まず添付されていた音源を聞いてみて

今までこういう声を出し続けてきたのであれば単純に筋肉が鍛えられていない

以前から何度も書いているように、高音発声には欠かせない輪状甲状筋/CTですが、添付されている音源を聞く限りこの筋肉群がしっかり稼働していません。

このCTは声帯を引っ張り薄くする筋肉ですが音源の声にはしっかり引き伸ばされた声のトーンが聞こえません、状態としてはファルセットに近い状態です。

どういったことを意識しながら声を出しているのかが書かれていないので分かりませんが、この状態の声に言えるのは脱力のしすぎです。

筋肉は動かさないことには鍛えられていかないし、スムーズに動かせません。つまりもっとしっかりCTを動かくような練習が必要です。

輪状甲状筋のトレーニングといえば・・・?

何度も何度も紹介しているこの本

参考記事 ボイトレ本で独習される方に!ちょっと役立つ?情報 YUBA本編

持っています!とかこれ使って練習してます!とか思われても知りません!だったら書いとけ!って事です。

この本をしーーーっかり読んでCDを実践していれば、今回の質問者の問題は解決するはずです。

まず手順としては息漏れのある裏声(ファルセット)で輪状甲状筋のみを動かすということです。CDだとそこまで大きな声でやっているように聞こえませんが、この息漏れのある裏声を出すときは自分が出せる最高音で出来るだけ大きな声で出してください。

そうしないと中々輪状甲状筋は鍛えられません。ただその時少しでもオモテ声(甲状披裂筋/TAが稼働した声)が混じると全く意味がありませんし、その状態の声を大音量で出すとかなり喉にダメージを受けます。

なので息漏れのある裏声の出し方はしっかり本を読んで確認しながら出してください。あと↑の参考記事にもその辺りのポイントを書いていますので合わせて読んでみてください。

普段の練習内容について気になること

どのツールがどういう効能か理解してますか?

練習メニューを見る限りどのような目的を持って、どこに効果があるのか理解して練習している感じではないように思います。

はっきりいうと質問文に書いているメニューはウォームアップの範疇です、それが終ってさぁ課題を潰すためのツールを実践していこう!って感じです。

声をそれなりに安全に温める以外に効果があるようにツールを使用していないと予想されます、これでは声帯をコントロールする筋肉も新たな感覚も生まれません。

質問者はレッスン経験ありとなっているので、その辺り先生としっかりコミュニケートして、どのツールにどういう効果があるのか?どう使うべきなのかしっかり教えてもらってください。

この辺りのしっかりした理解が中々進まないので独学は厳しいんですよね~どういう風に理解しているのか?それを正しく扱えているか?というのがやっぱり一人では中々難しいです。

おわりに

久々の更新でしたが、今回でこういった形の質問回答は最後になります。このブログやTwitterでも質問をして頂いてもいいのですがこういう記事にするかは全く保証しないという形になります。

最近一気にレッスンを受けて頂くことが多くなってきましたので益々更新は少なくなりそうですが出来るだけ些細な事でも更新していこうと思っておりますのでこれからもよろしくお願いします!

それでは今回はここまで!

スポンサーリンク
記事のタイトルとURL をコピーする

↓このブログ記事著者のレッスンを受けてみる↓ レッスンのお問い合わせはこちら!