フォームから予約・お問合わせして頂いた後の自動返信メールについて
スポンサーリンク

ボイストレーニングを独学は可能か?どのレベルまで?限度は何年?

ボイストレーニングTips
Image by Pexels from Pixabay

質問箱に来た質問への回答記事です、質問内容はこんな↓感じ。

質問を箇条書きでまとめると

  1. 独学で成長できる限界は?
  2. どういった状態になったら独学からステップアップするべきか?

ということですね、一応質問箱内で私が回答した内容を載せておきますが、基本的にこの記事はこの↓回答を少し詳しく解説する内容になるので、シンプルに回答を知りたい場合はここまで読んでおけばOKです笑

少しここでも回答しておくと、ぶっちゃけてしまえば何らかの知識的な学習(試験等の勉強)以外の、身体を使うスキル(スポーツや音楽)の場合、独学というのは無理だと思っています。

上手くいくのは元々余計な癖や固着が全くない、もしくは軽い場合や、それまでの人生で上手く音楽的な能力が培われた場合のみでしょう。 改善したいということが明確にある場合、すでに何らかの不自由さを感じているでしょうから、その段階ですでに独学はかなり難しいと思います。

独学であっても練習をすればそりゃ何らかの変化はあるでしょう。 ただそれまでの時間、トレーニングの方法や進め方を教えてもらっていたらもっと良い変化があったはずです。

なので独学の限度としてはなるべく短い方が良いというのが個人的な意見です。

ということですでに質問者の方にお伝えしたいことは書いていますが、それを少し深堀りしていきましょうか。

スポンサーリンク

時間がかかってもいいなら独学でも成長し続けられないこともない

その時間を少しでも短縮したいなら独学は選択肢に入らない

何度かこのブログでも書いてますが、どんなレベルの人であっても自分自身の声を完全に客観的に聞くことが出来ない以上は、状態を改善するにも維持するにも、的確な処方をしようとすると自分以外の耳に頼るほかありません。

めちゃくちゃ時間をかけて超網羅的な練習を毎日できるのであれば、まぁ数撃ちゃ当たるでしょうから、そのうち徐々に改善していく可能性もあるでしょう、ただ全く現実的ではないです。

いくら網羅的に数多くの練習方法を実践していたとしても、それが実際の目的に対して効果が出る方法でできているかは全く別なので、上でも書いたようにあくまで「改善していく可能性がある」というだけで、ほとんどの場合は難しいと思います。

教えられてたとしても順調に成長するのは難しいのに、自分ひとりだけで練習して同じように成長できるわけないですよね笑

少しでも成長スピードに悩みだしたら独学は難しい

独学が上手くいくタイプはそんな悩みに囚われない

  • 自分のやるべき練習はこれであってる?
  • その練習のやり方はあってる?
  • 練習してるけどこれ成長してる?

なんて悩みがあるのであれば、独学は難しいでしょう。

独学でも上手くなった!という人がいるのであれば、それはそもそも何をしても上手くいく喉の状態だった人か、大した変化は起こってないのに上手くなったと思いこんでる人だけです。

つまり超絶恵まれた人か勘違いしちゃってる人ということです笑

ほとんどの人はそうじゃないです、私自身もそうです未だに悩みまくってます笑

質問者の方は何年で見切りをつけるべきか?と聞かれていますが、はっきりいって初級者でやること自体は簡単なのにも関わらず↑のような悩みが出たのであれば、その時点で独学は無理だと思うので「なるべく早く」というのが回答になります。

独学でも到達できそうな地点は?

それなりの地声が出せる程度

独学は無理!誰でも良いからレッスン受けて!ということだけではあまりにも素っ気ないので、最低限独学でも到達できそうなレベルについて考えてみましょう。

これはトレーナーによって大きく変わる部分だと思いますが、私は地声だと思います。

恐らく多くの方に必要で重要なのは裏声だと思うんですが、裏声はなんせ考えること・考慮しておかないといけないことが多すぎます。

元々やっていた練習などによってめちゃくちゃな混合が起こっていることも珍しくないため、それを引き摺った状態での独学は大抵いい方向に転んでいきません。

地声であれば裏声と比較して、男性は普段の喋り声からの延長線上の状態で狙った状態にしやすいですし、女性でそもそもあまり地声がないタイプの方であれば、地声をはっきり出そうとするだけでも良い訓練になるでしょう。

なので地声であれば独学でも慎重に練習すれば、ある程度効率的で色々な発声状態の素材となる状態を作りやすいでしょう。

めちゃくちゃシンプルな指標としては↓の記事のような地声をC4やD4までしっかり鳴らせて伸ばせる状態を目指しましょう。

【こんな声出せますか?】第4回:しっかりはっきりした地声
第4回目の【こんな声出せますか?】ですが、今回はこのシリーズでは初めての地声です。今まで公開してきた...
【こんな声出せますか?】第12回:吸気性の地声
久々の【こんな声出せますか?】は第3回で取り上げた吸気性発声の地声バージョンです。難易度的には吸気裏...

まとめ:迷ってるうちは独学は無理です

悩んでるくらいならレッスン受けましょう

何度もこのブログでは書いていると思いますが、悩んで「独学で大丈夫かな・・・?」なんて考えているのであればとりあえずレッスン受けてみましょう。

質問箱での回答でも書いてますが、独学でも問題なく成長できるような人はそんなことで悩みません、悩んでいる時点で独学で順調な成長は無理です。

継続してレッスンを受講するかどうかは別として、まず自分はどういう喉・声の状態なのか?当面は何を練習すればいいのか?そしてその練習方法の正しい反復方法をとりあえずは明確にしましょう。

それが分かったしばらく一人で自主練習した上で、何かを掴んで独学でもやっていけそうなのか、それともやっぱり独学は厳しいのかわかるでしょう。

タイトルとURLをコピーしました