絶対音感や相対音感だと歌が上手い?歌うのに有利?発声と音感の関係や音痴について

最近レッスンに3人ほど絶対音感やそれに近い能力を持った生徒さんが来られました、そこでいろいろと面白いことや世間が誤解しているであろうことが見えてきたのでちょこっと書いてみようと思います。

果たして絶対音感は歌に有利なのか?絶対音感の人は皆歌が上手いのか?

スポンサーリンク

実は発声と音感はほぼ関係無かったりします

『分かっていても出ない』という事が起こります

まぁ絶対音感を持っている方々が自由にその音感に則って歌えるならばボイストレーニングを受けようと思いませんよね笑

皆さん口々に「自分で声が外れているのは分かるけど、出そうとしてもどうしても出ない」と言っていました。

そうなんです、その音がどれくらいの高さかが分かっていても、そこを狙って声を出す能力とは全く別物なんです。

例えばある曲のサビの一番高い部分がA4(真ん中のラ)だと認識していても、その高さを出す能力がないと歌えないわけです。

絶対音感だけど歌うと音を外しまくるということも十分あり得ます

「勘違いしてる人多いですよね?・・・」

と3人共同じように言っていました笑 適当に声出したり何かを叩いて「この音分かる??」とか聞かれて答えると「え?すごーい!」みたいにはなるけど、カラオケ行って歌うと「絶対音感なのにそんなに歌はそこまで・・・」みたいに言われることが多いと言っていました。

いや?可哀想ですね?・・・全然違う能力だとみなさん理解していきましょう。

絶対音感や相対音感を持っている場合、音痴にはなり得ませんが歌を歌って音を外しまくるということは十分にあり得ることですしおかしい事ではありません。

絶対音感でも音外すならば音痴じゃないの?

この問題も根本的に違うものです

よく勘違いされるのは音痴というのはある音を狙って発声し「今音外しちゃた」と分かるのは音痴ではないということです。

先ほどのような例で言えばA4を狙っているのに実際にはE4を出ているのに全く「外している」と認識していない状態が本当の意味での音痴です。

つまり歌ってて「今声が届いてない/高すぎた」と感じるということは音痴では無いということです。

この感覚がしっかりした音感を持っている方は如実にわかるということですね、一般的な方は外したのがわかってもそれがどの程度狙った音から外れているのかはそこまできっちりわからないと思いますが音感がある方は今どれくらい外れたかがきっちりわかるという違いですね。

つまり音感があっても発声能力にはあまり関係ないということ

ただ音感は無いよりは有る方が遥かに良いし羨ましいです笑

音感がなくても発声を鍛えていくことに特にデメリットはありませんが、音楽とやっていく上であったほうが良いことは確実です。

絶対音感は幼少期からの短い期間中に楽器に触れたりしていないと身につかないので、今から身に付けることは出来ませんが、相対音感であれば訓練すれば身に付きます。

実際私自身より圧倒的に音感が有る生徒さんも沢山居ます、そういう意味で個人的には物凄く羨ましいです喉から手が出るほどに笑

おわりに

ということで生徒さんのご要望にお答えして記事を書いてみました。結構勘違いされてる方が多いようなので、この記事でその誤解を解ければと思います。

またいつか音痴についても詳しく記事にしてみようと思います。

それでは今回はここまで!

スポンサーリンク
記事のタイトルとURL をコピーする

↓このブログ記事著者のレッスンを受けてみる↓ レッスンのお問い合わせはこちら!