「音痴だけどボイトレで改善しますか?」という質問にお答えします

ブログで小難しいことをいっぱい書いているせいか、よくレッスンのお申し込みを頂く時に「よく音痴だと言われるのですがそんな状態でもレッスンを受けられるでしょうか?」とか「音痴なのですがレッスンをすれば改善していくのでしょうか?」といったお問い合わせをよーく頂きます。

確かにブログでも実際にメインとしてやっているのは発声能力の向上であり、音痴と言われる音が取れない方をメインにレッスンしているわけではないので、そういったレベルの方からするとちょっと堅苦しくてハードルが高いのかもしれません。

今回は『実際あなたは音痴なのか?』という事と『まぁとりあえずやってみましょう!』という事について書いてみます。

参考記事 絶対音感や相対音感だと歌が上手い?歌うのに有利?発声と音感の関係や音痴について

スポンサーリンク

「自分音痴なんです・・・」と自覚しているということは音痴じゃないという事実

歌っている最中は音が外れていることに気づかなくても大丈夫です

まず大前提として

自分が歌っている最中に「あ!音外した・・・」と気づいているのであれば真性の音痴ではない

ということです。この場合はただ狙っている音を出すということが難しいのであって音感的に狙っている音がズレているわけではありません。

時々勘違いされている方がいるのですが、カラオケなんかで歌っていてよく音程を外してしまう、だから私は音痴だ・・・と思い込んでいる人がいるのですが全く違います。

それはどちらかと言えば喉の運動音痴です。

また歌っている最中は気が付かず聞いている人から「音外してるよ」と言われたとしても、それも音痴といえるかどうか分かりません。

この場合分かりやすい方法としては、自分が歌ったものを録音して聞き返してみる。それを原曲と比べて「全然違う・・・」と認識出来ているのであればそれは音痴じゃないということです。

一定数の人から「音外れてる」と言われてるのに録音した歌を聞いて原曲と違うように聞こえないのであればその時点で本当の音痴かな~と疑う余地が出てきます。

本物の音痴ってどういう状態?

音感が無い+喉の運動音痴のコラボ状態です

1番大きな問題となるのはやはり音感の有無です。どんな音を聞いても同じように聞こえたり、音の違いがわからないということは自分の出している声の高さと実際に出したい音の高さの差異が分からないのでその時点で外れていることに気づきません。

またそんな状態なので喉の筋肉がほとんどお仕事していない状態です。自分が楽に声を出せる範囲で歌っても音程が合っていると感じちゃっているわけなので。

こうなるとまずは鍵盤で一音一音聞き分け出し分け的なレッスンが必要です。音の高低を理解してそれを感じれるようにならないといけません。

ちなみにこの本物の音痴の方、私自身はかれこれ300人近い方のレッスンをさせて頂きましたが一度も出会ったことがありません。

2000人以上レッスンをされている私の先生ですら上で書いたような本格的な人は2~3人で、程度の差はあれどほとんどはボイストレーニングで解決されていくようです。

この辺のお話は聞いてみないと分からない部分が大きい

文字だけでは分からないので是非レッスンを受けてみてください

人からいろいろ言われるからそれがトラウマになって重症なんじゃないかと思い込んでいる方も時々いらっしゃいますが、聞いてみたら案外そうもでなかったりします。

かと思えば高い声が出ないなどのお悩みで来られて聞いてみたら音感の方が弱かったりといろいろなケースがあります。

もうこうなると聞いてみてカウンセリングしないと見えてこない部分だったりするので、是非悩んでいる方はボイストレーニングのレッスンを受けてみてください。

別にうちに来い!と言ってるわけではなく、しっかり悩みと声を聞いてそれを解決出来るトレーナーであればOKです。

もちろんうちに来て頂いてもOKです、ご本人が諦めない限り全力で改善までサポートします。

おわりに

ということで音痴についていろいろ書いてみましたがこの『音痴』自体がいろんな捉えられ方をしていて、ものによっては「聴覚的に音の違いを判別できない」と定義しているものから「狙った音を出せない状態」としているものもあります。

私の中の考えでは上で説明したように「音感が全くない」のと「狙った音を出せない」という2つを伴った状態を指しています。

つまりそういった状態以外は大抵ボイストレーニングに改善するから安心してボイトレに勤しんでください!ってことです笑

なので「音痴かも・・・」とお悩みの方は是非お気軽にお問い合わせください~

ということで今回はここまで!

スポンサーリンク
記事のタイトルとURL をコピーする

↓このブログ記事著者のレッスンを受けてみる↓ レッスンのお問い合わせはこちら!