フォームから予約・お問合わせして頂いた後の自動返信メールについて

よくある質問集

レッスン受講前後によく頂く質問をまとめています。気になる質問内容がありましたらクリックしてみてください。

初心者でも大丈夫でしょうか?年齢制限はありますか?

現状のレベルも年齢制限も一切ありません!

全くボイストレーニングを受けた事のない方やあまり歌を歌った経験のない方から、プロ志望の方や現役でプロとして活動されているシンガーの方など様々な方がレッスンを受けていただいております。

年齢も10代から70代の方まで幅広くレッスンを受講されています。

どのようなジャンルに対応出来るようになりますか?

喉の筋肉を鍛え発声能力を高めるレッスンです

基礎的な喉の運動性能を向上させながら様々な声を出せるようにしていくというレッスンのスタイルです。

特定のジャンルに特化したレッスンは出来ません、そういった特定のジャンルに特化したレッスンは、ある一方向の声ばかり使うことになり声の可能性・幅を縮めてしまいかねないからです。

スマートフォン・タブレット端末でもレッスンを受けられますか?

安定したネット回線であればOK!

3G回線以外の通信(4G/LTE・Wi-Fi)であれば可能です。

外出先でのネット接続の場合、回線が不安定な場合が多いのでWEBカメラを起動せずに実施することがあります。詳しくはこちらをご確認ください。

レッスンの録音はしていいですか?出来ますか?

ご自由にどうぞ!

受講者側で録音出来るのであれば録音して頂いて構いません。

スマートフォン・タブレットでの受講の場合や録音方法がわからない場合、Skypeレッスン特典で講師が録音したものをお渡しするサービスがありますのでそちらをご検討ください。

録音データは自主練習のみの目的に使用してください、許可無く無断でネット上にアップロードしたり他人に渡す行為は禁止とさせて頂きます。

レッスンに必要な機材などありますか?

こちらからご確認ください

レッスン環境についていくつか記事にしていますので、一度目を通して頂きたいと思います。

基本的にはPCであればSkype通話用のヘッドセット等やスマホ・タブレットであればマイクとイヤホンがあればレッスンは受講できます。

WEBカメラは絶対に必要ですか?

あった方がレッスンのクオリティは上がります

なくてもレッスンは可能ですが生徒さんの顔の動きや喉の動きが実際に見られたり、こちらの動きをやってお見せ出来るのはレッスンのクオリティに大きく影響します。

ネット回線の速度等に問題がないのであれば、是非ビデオ通話でのレッスンをオススメします。

しかしスマホやタブレットで外出先からの受講の場合、回線の問題でどうしてもビデオ通話が出来ない場合もあります。

レッスンの料金以外に必要なお金はありますか?

一切必要ありません!

入会金や教材費なども必要ありません。レッスンに掛かるお金はレッスン料金のみです。

グループレッスンはありますか?

基本的にはマンツーマンレッスンのみです

Skypeを使用してのグループレッスンは実施しておりません。

対面でのレッスンの場合お問い合わせください、人数、レッスン内容によって実施可能か検討いたします。

実際に会って、対面レッスン出来ますか?

兵庫県神戸市内で実施中です

兵庫県神戸市垂水区のスタジオ・カラオケで可能です。それ以外の地域への出張レッスンも可能です。こちらをご確認ください。

女性ですが男性に習っても効果はありますか?

少々わかりにくい場面もあると思いますが、問題なく上達されています

どうしても女性と全く同じ音域や音色のでデモンストレーションは出来ないので、そういう点のみレッスンを受けているとわかりにくい場合もあるかと思います。

しかしレッスンの内容自体は男女で差はないので、上達にも差はありません。

初回レッスンを受けた後、必ず継続的にレッスンを受けないとダメですか?

全くそんな必要はありません

ちょっと気になるから試しにレッスンを受けてみようかな~ぐらいの気軽な感じでお申し込みください。

もちろん継続的にレッスンを受講することを視野に入れて体験レッスンを受講していただくのもOKです。

どちらにしても、体験レッスンであろうと出来る限り現状お悩みだったり疑問に思っていることを解消できるようにお手伝いします。

どういった声の悩みに対応していますか?

喉の運動性・自在性により解決出来るものに対応しています

  • 音楽理論について教えてほしい
  • 曲を歌うためのフレージングについて教えてほしい
  • 詩の書き方について教えてほしい

といった内容には対応できません。

  • 音痴だからどうにかしたい
  • 歌いたい曲の音域が出せない
  • ライブで安定して歌える状態にしたい

といった内容であれば、喉の筋肉のコントロール性や自在性によってのみ叶えられる内容ですので対応できます。