【つぶやき】あまり使いものにならない”ミックスボイス”であれば出すコツはあります!

前々から「ミックスボイス(声区融合)にコツなんてないんやで~」と言っていた私ですが、前回のつぶやき記事で書いたような、とりあえずバランスを取って繋げたミックスボイス、これを出すだけだったらいくつかコツがあるよ~というお話です。

つまりわざと声の出力を落とした上で、地声裏声が混合したバランスの声であれば短時間で見つかることが多々あります。

まぁつまりこれが短時間・短期間での上達を謳うボイストレーニングの真実ってことですね笑

スポンサーリンク

とりあえず繋げるためのコツであればそこらじゅうに転がってる

小声で出すとか、エッジから繋ぐとか、ハミングで繋ぐとか・・・

元々の声の成長度を全く考慮しない状態で繋げようとするから、ミックスボイスのコツなんて言葉が生まれているんだと思います。

そしてそういう状態でとりあえず繋げようとしたら、↑のようなコツは確かにあります。

ただそれが出来たからといって「ミックスボイス完成!これで好きに歌える!」となる人はまぁ・・・いないでしょうね。

様々な制約を感じながらの発声になると思います、これは私自身も経験があります、一切の自由を感じません。

コツでなんとか出来るレベルの声を探しているのであればそれでOK

それも1つの声の状態であり可能性です

ただそういった訓練ではよっぽど上手く行かない限り、声はどんどん偏り、自由度を失っていくと思っておいた方が良いです。

コツに任せて声をどうのこうのしようとしても、基本的な部分では全く鍛えられていないことが大半です。

やっぱり時間をかけて声を、喉を育てるっていう思考が、ボイストレーニングには絶対に必要だと私は考えています。