フォームから予約・お問合わせして頂いた後の自動返信メールについて
スポンサーリンク

理想のシンガーをコピーしながらボイストレーニングは可能か?

ボイストレーニングTips
Image by Ryan McGuire from Pixabay

質問箱に来た質問への回答記事です、質問内容はこんな↓感じ。

ということで、質問を簡単にまとめると記事タイトルのようなことだと思いますが、

  • モノマネした状態で色々な曲を歌うことで、固着した喉を解すことは可能か?

ということだと思います。

初めに超シンプルに回答しておくと「無理です」ということになりますが、今回はなぜ無理なのか?ではどうすれば良いのかということを解説していきます。回答自体は超シンプルなので短い記事になります。

基本的には今までにこのブログで書いてきたことの繰り返しになりますので、ここまで読んで「こういうことだろうな~」と予想出来た方はサラッと読み飛ばしてOKです笑

スポンサーリンク

モノマネした状態で歌う曲を変える程度では喉の状態はほぼ変わらない

曲を変える程度では練習としての強度が低すぎる

ということです、喉の状態と練習方法を逆にした方がまだ効果があるでしょう、つまり質問者の場合はB’zや稲葉さんの曲を全く違いジャンルのシンガー(複数)をモノマネしながら歌うということになります。これだったらまだ効果があるかもしれません。

ただそれでも、一人のシンガーを真似し続けてできた喉の固着というのは中々解せるものではないでしょう、あらゆる筋肉が稲葉さんの真似する方向に動いてきたわけですから、色んな曲を歌う(歌ったことがないジャンルであっても)程度では解せません。

少し前に書いた記事の内容ともリンクするのですが、曲を歌うということ自体が非常に難易度が高いので、喉の固着を解すだとか、今まで使ってなかったパーツを使うだとか、今まで使いすぎてたパーツを使わないようにするだとか、そういったことまで脳は手が回りません。

つまり“稲葉さん風の発声”をしているうちは、脳はこれまで通りの司令を出し続け、喉はこれまで通りの動きをし続けるということです。曲を変える程度のことはもちろん、その状態を維持し続けることを意識しているうちは何をやっても喉が柔軟/自在になる方向には行きません。

ではどうすればいいか?ここまで読めばお分かりだと思いますがボイストレーニングをするしかありません。

今までやったことのない動きから攻めていくのがボイストレーニングの鉄則

少しでも記憶にある動作は今まで通りのよく使っている筋肉たちに引っ張られる

つまり今現在1番慣れている状態で“ボイストレーニング”をしようだなんて愚の骨頂だということです笑

なのでこのブログでも実践的なトレーニングを紹介するときは、多くの人が今まで出したこともないであろう声を使う練習方法ばかりを紹介しているわけです。

質問者の方には手厳しい回答になりますが、まぁ地道にボイストレーニングをしてくださいということになります。

まとめ:いつもと違うことをするからトレーニングになる

ということです、いつもやってる状態をなるべく引き連れたまま上手くトレーニングできないか?と考えるのがそもそもボイストレーニングでは意味がないパターンが多いです。

喉以外の身体の大きな筋肉やそれらを使った動作(スポーツ等)であれば、これまでに培った動きが利用出来る場面もあると思いますが、発声という運動の場合、そもそも使ったことのない、もしくは十分に使えてない筋肉というのが多くあるため、大抵はこれまでやったことのない動きをするというのがメインのトレーニングになります。

この事実に目を背けながらトレーニング(にもなってないと思いますが)をしていてもほとんどが現状維持、最悪の場合はより固着を強めて、徐々に歌いにくさを増していくでしょう。

なるべく長くより健康的に自在に歌いたいのであれば、ボイストレーニングをすることを強くおすすめします。

タイトルとURLをコピーしました