Skypeでボイストレーニングのレッスンを受ける環境

この記事は2014年1月18日に公開したものを新たに書き直したものです。

以前は細かくパソコンからレッスンを受講する場合とスマホやタブレットから受講する場合とで色々と書いていたのですが、レッスンに必要な機材についてはもうすでに詳しく書いたので、この記事もリニューアルします。

Skypeでのボイトレレッスンを初めてもう早いもので3年近くになります。

その間色んな環境の方とのレッスンをさせて頂いて、ある程度どういう環境で受けられるかどうかというのが統計的に分かってきたので、これからSkypeでのレッスンをお考えの方は一度目を通して頂くと参考になるかな~と思います。

スポンサーリンク

自宅でレッスンを受けたい場合

「Q.どういう機材が必要なの?」

参考記事 Skypeでボイストレーニングをする上で推奨する環境 その①

参考記事 Skypeでボイストレーニングをする上で推奨する環境 その②

どういう機材を使用すれば良いのかは↑の記事を参考にしてみてください。こういった機材を使えば音を入出力するという所は問題なしです。

加えてノートパソコンであればWEBカメラが付属しているものが多いですが、デスクトップパソコンだと付いていないのがほとんどだと思うので、別途購入するのも良いかもしれません。

自宅でパソコンから受講する場合、ネット回線の速度は問題ない場合がほとんどなので出来るだけWEBカメラを使用してのレッスンをおすすめします。

やっぱりあるのとないのとでは全然レッスンの鮮度が変わってきます。

「Q.どれくらいの声量でレッスンするの?」

自宅の壁が薄くてあまり大きな声を出せない・・・という方もたくさんいらっしゃるんですが、いつも私が言ってるのは

喋り声の1.5~2倍くらいの声の大きさ

だと思ってくださいと言っています。小声でしか喋ることが出来ないような環境であれば、レッスンは難しいかもしれません。

そういう環境以外だと一般的なマンションやアパートであれば問題ない程度の声の大きさで受講できます。

どうしても無理そう・・・という場合は次に紹介する外出先でレッスンを受講する場合を参考にしてください。

自宅以外でレッスンを受けたい場合

「Q.どういう機材が必要なの?」

最近はもうみなさん持ってると思いますスマートフォンでもレッスンは受講できます。Skypeが使用できるスマートフォンであればOKです。

ただこちらからの音声をスマホ本体のスピーカーから出してしまうと、その音をスマホのマイクが拾ってしまいこちらに返ってきてしまうという現象が起きるので、出来るだけイヤホンを使用して頂くと安心です。

「Q.ネットに繋ぐ回線は?」

今はほとんどのスマホは4G回線が使用できると思いますが、きちんとアンテナが立っている状態の4G回線であればそれでOKです。

ただ4Gが制限されてしまった後の3G回線ではSkypeでの通信はノイズが多すぎてレッスンは出来ませんでした。

また外出先のカラオケ店なりスタジオなりのフリーWiFiが使えるのであればそれでも受けられる場合があります。

「Q.どういう場所で受けるのがいいの?」

1番多いのはカラオケからの受講です。ただカラオケの場合周りの音が結構ウルサイ場合が多いのでそれが嫌な方は練習スタジオから受けられる事も多いです。

それに次いで多いのが車の中から受講されるパターンです。

人気のない所に車を停めて受けられているみたいです。そういう場所や車があるのであればこういう受講の仕方もありです。

おわりに

ということで簡単に解説させて頂きました。ここに書いてある事以外で分からないことがあればお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちらのメールフォームからでもTwitterのリプライでもどちらでも受け付けておりますので~

それでは今回はここまで!