【質問回答】ボイストレーナー自身のレッスン・トレーニングメソッド遍歴について Part2

では今回は私(木田)自身のレッスン・トレーニング遍歴をちょこっとだけご紹介しようと思います。

恐らく概要だけさらーっと紹介する形になっちゃうと思います。

なんで詳細を書かないんだよ!と思うかもしれませんが、その理由も後で説明します。ではとりあえず質問内容をご紹介します。

Part1はこちら?【質問回答】ボイストレーナー自身のレッスン・トレーニングメソッド遍歴について Part1

スポンサーリンク

まずは質問内容を確認

ご質問の内容 ご質問者様:複数の方々

私(木田)へのご質問

  • 今まで学んできたメソッドを詳しく教えてほしい(年数など)
  • その中で1番効果があったメソッドは?

これも複数の方々からご質問頂きました。私木田のレッスン・習ったメソッド遍遍歴についてご質問頂いた方々はこの記事でまとめて回答とさせて頂きます。

木田のレッスン・メソッド遍歴

詳しくはお答えしません!!!

さて最初にお断りしたように明確にメソッドを特定するようにはお答えしません。このブログを昔から読んでくださっている方はわかると思いますが、数年前の考え方や習っていたレッスンと今現在これだと思って実践しているメソッドや習っているメソッドは全然違います。

そして今まで習ってきたメソッドに関してこのブログでは結構否定するようなこと書いちゃってるので明言出来ません笑。

今になって考えるとあまり効果的ではなかったメソッドだとしても、その時に真剣に教えて頂いた先生方に後足で砂をかけるような事を書くことは出来ません。

なのでどうしても詳しくどういった方々に習ってきたのかを知りたい方は私のレッスンを受けて、ある程度親密になってから聞いてください笑。

初回レッスンでノウハウコレクターっぽい方に聞かれても一切お答えしませんので、そこだけはご了承ください。

なのでここからはボカしながら回答します

まぁ昔のブログに書かれてあることを読めばある程度勉強されてたり、実際私のように色々とレッスンを受けた経験のあるかたなら分かっちゃうと思いますので、ここからは特定のメソッドと明言はしませんが、ふわ?っとした感じでお答えしていきます。

1.一番最初に習ったボイストレーニング

クソみたいなチェーン店のメソッド

これだけはなんの有り難みも感謝の気持ちもないので、スクールの名前出しても良いんですが、なるべく品行方正な運営をモットーとしているこのブログではやっぱり自粛させて頂きます笑

まぁ何度もこのブログで書いてますが、当時受け始めたのが高校一年生の時なのでもう何年も前になりますが、今となっては完全に時代錯誤な腹式呼吸を全面に押し出したレッスンをやらされました。

体験レッスンの後・・・何ヶ月だったかなぁ・・・まぁ恐らく半年以内にはやめました。

毎回レッスンが終わると喉がヒリヒリして全く声が楽になるような気配もなかったし、1番悩んでいた換声点については「そこを腹筋で乗り越えるんだよ!」みたいなこと言われてたのですぐさま「これは一生効果でないな」と判断しました。

今になってもあの時の自分の判断は間違ってなかったとはっっっきりと思います。

2.Skypeでのレッスンと複数のトレーナーから習う

この時点ですでにボイトレ沼にはまる

高校3年生辺りまで上のチェーンボイトレ店をやめてからは「中々本当に実力のあるボイストレーナーというのはいないもんなんだな」と思い初めて、色々とネットを使い調べてボイトレ本を山のように買うようになりました。

このブログでも何度か紹介している本ですね。

ボイトレ本で独習される方にちょっと役立つ情報 YUBA本編
※この記事は2013年11月2日に公開したものを新たに追記・書き直したのもです。 以前に公開していたこの記事の内容が2013年頃の情報と古...

ロジャー本も同じくこの時期に買ったのですが、今となっておすすめ出来るのは圧倒的にYUBA本なのでこちらの記事を参考にしてみてください。

そしてネットでSkypeを使ったボイトレのレッスンをしているトレーナーがいることを知り早速習い始めます。

それと同時にどんどん色んなトレーナーから習って、ゴチャゴチャになってるボイストレーニングの方法を自分なりにまとめてみようと考えだして、大阪や京都までレッスンを受けに行く機会が増えました。

またこの時期に実際にオペラ歌手として活動されているような声楽家の方にもレッスンを習っていました。色々とわけの分からない理論で説明してもらってましたが笑、今になって考えたら「この事を言いたかったのかな?」と思うような事もあり、すごく勉強になっています。

この辺りに習ったトレーナーはみんなしっかり勉強されていた方々

まぁネットで死ぬほど調べて習いに行っていたので、当たり前っちゃあ当たり前ですねどね。

加えて自分でめちゃくちゃ本だったりネットだったりで勉強してたので、ある程度どういうこと言ってる人が信用できるのか?というのがなんとなくでもわかっていたと思います。

なのでこの時期から最近までレッスンを受けさせて頂いた方々は真剣に勉強・研究されている方々ばかりです。

ですが今になって思えば、本当の意味で喉を育てるという側面から考えると「う?ん・・・」と思うような事を習っていた時期もありますが、それぞれのトレーナーが真剣にどうやって声を良くするか?と言う事を考えていたのは確かです。

3.ボイストレーナーになりクラシカルな発声訓練に回帰する

トレーナーになりたての頃はちょっと迷走期

そんなこんなで上で書いたようなメソッド、トレーナーに習い続けながらトレーナーになるためにさらに練習やレッスンを増やしていきました。

この辺りから今まで自分がやってきたトレーニングのメソッドに対して少し疑問が増えてきたこともありクラシカルな発声訓練方法という面でのトレーニングを受け始めました。

つまりは声区融合の為に声区の分離から始めるようなメソッドの事です。

声区融合(ミックスボイス)に絶対必要な3つのステップ
最近ミックスボイスに関する考え方や訓練方法等が見直されてきたといいますか、やっと昔ながらのクラシカルな訓練方法の大切さが徐々に認知されてきて...

そしてこの発声訓練方法に確実な成果を感じられたため、今現在もこういったメソッドの訓練を続けています。

なのでボイストレーナーとして活動し始めた頃と今のレッスンでは全く違います。

最初期に受けて頂いててしばらくしてレッスンに来られなくなった方が最近また受け始めて頂くということが多くなっているのですが「なんかレッスン変わりました?」と言われます。

そうなんです、ガッツリ変わってるんですね。それはこういった理由からです。そしてこの変化はこれからも割合は少なくなると思いますが全然ありえます。

常に色々と勉強して研究して自分の身体で試しているので、良さそうな方法があればそれも生徒さんにはお伝えします。

おわりに

ということで私自身のレッスン・メソッド遍歴はこんな感じです。もっと短くまとめるつもりが結構長くなっちゃいました・・・

ちなみに実際に1年以上継続的にレッスンを受けた事のあるトレーナーを数えてみたら8人になりました。1回きりのレッスンだとか体験レッスンだけだとかを合わせると数えるのが面倒なくらいいます笑

色々と振り返ってみると本当にボイトレ以外勉強してないな?という私木田のボイストレーニングの短い歴史でした。こんな長い記事読んで頂いてありがとうございました♪

↓Part1はこちら↓

【質問回答】ボイストレーナー自身のレッスン・トレーニングメソッド遍歴について Part1
今回の質問メールも結構複数頂いたので先にお答えしておこうと思います。超簡単に質問内容をまとめるとタイトルの通り「ボイストレーナーのレッスン経...
スポンサーリンク
記事のタイトルとURL をコピーする

↓このブログ記事著者のレッスンを受けてみる↓ レッスンのお問い合わせはこちら!