ボイトレや練習法とかミックスボイス云々書いてるけど考え過ぎはNG

さんざんいろんなボイトレの事書いてきてるし、なにより私ボイストレーナーなんですが今回はそこからちょっと離れてみようという記事です。

結構練習してると迷宮入りして自分がどこにいるか変わらなくなってる人が多いように感じるので少し書いてみようと思います。

そして私自身のずーっと持っている持論もちょっと紹介します。

photo credit: Nhoj Leunamme == Jhon Emmanuel via photopin cc

スポンサーリンク

自分が何について改善したいか?どこが問題なのかしっかり理解していますか?

ボイトレ本やそれこそレッスンでも言われたメニューを淡々とやってしまっちゃってる方結構いるんですが、それはちょっと危険かもしれません。

どうしてこういう練習してるの?どうしてこれをやらされてるの?ということ考えてますか?

レッスンを受けているのであれば是非講師に聞いてみて下さい。「今やったのは何の意味があるんですか?」と。

筋肉も大事ですがようは正しい神経経路が出来上がるかという問題

正しい発声で声を出していればそれを出すための筋肉はしっかり鍛えられていきますが、それより大事なのは脳みそに正しい動きを記憶させることです。

参考記事 ボイストレーニングに行き詰まった時に知っておいてほしい練習方法とそのポイント

なのでただ闇雲に身体を動かすよりは「どこがどう動いて欲しいのか?」もしくは「この動きは余計だから取りたい」というものが頭のなかに無いとダメなわけです。

分からなくなったら自分が『気持ちよく歌える方』に行くことを優先してください

いろんな知識が増えて、現状自分がどこに問題があるのか?どこを1番に改善すべきなのか?分からなくなる時もあると思います。

そんな時はとりあえずそれらをなーんにも考えずに練習してみてください。

独学で得た知識やレッスンで「こう歌って/ああ歌って」と言われると思いますが、分からなくなったら全部頭から外してみて練習してみてくだい。

その時に重要なのが『自分的に良い感じ』という超主観的な部分

『良い感じ』というのが重要です。

チェストボイスでグーッと持ち上げるとしんどいですよね?あまりにチェストトーンを残そうとしてガリガリするのも気持ちよくはないですよね?

そこではないということです、軽くでもいいのでファーっと出てなんとなく心地いい感覚、それがとっっっても大事なんです。

「痛い」とか「出してたら枯れる」とか「絶対上まで行けない!」って感覚は基本的にNGだと思ってください

正しく強く出てたらある程度の「負担」というか「堪える」といような感覚はありますが、基本的に痛くなったりもう出ない!!ってことにはあまり至りません。

それらを感じないように声を出してみてください。

いろいろ頭には知識があってそうでないとだめ!っていう固定観念的な物があると思いますが、一時的に取っ払ってください。

あなたの感覚は1番確実な練習の道を示しています

ただ闇雲にでっかい声で張り上げて歌うことが好きならばここで書いていることは当て嵌まらないかもしれません。

ささやき声でぼそぼそ歌うのが好きな場合も当て嵌まらないかもしれません。

ですが多くの方が望んでいる声ってそうじゃないと思うんですよね。

頭がこんがらがってる方は少し参考にしてみてください

なんかいろいろやってて分からなくなった!っていう人は書いたようにその今まで溜め込んだ知識を1回置いておいて、純粋に楽な発声を練習してみてください。

大抵強く出そうとしておかしなことになってる方が8割位かと思います(男性に多い)。

なにをどうしたらいいか分からん!って方は是非レッスンを受けてみてください。トレーナーはその道筋を提示してくれると思います。

身体が気持ちいい方に正解がある

というのが私の持論です。しんどいとか疲れちゃうっていうのは別にいいんです、ただ声がしっかり出てて鳴ってる状態というのはとっても気持ちいいんです。

またそれを感じている時の出音はズバーンと出てる感じで恐らく出している本人もある程度の気持ちよさを感じていると思います。

だったらそれでいいんですよね。

CTやらTAやらなんちゃら筋やらそんなこと考えなくても声が出てる!鳴ってる!という感覚があればOK

と考えています。知識があってもそれを処理して頭から信号が発せられてないと何の意味もないわけです。

レッスンをしていると、一度よろしくない癖をつけてしまった人から癖を取り除くのより、なーんにも知らない人や歌ったことすらない人に教えるほうが明らかにレッスンの進度が早いという時が多くあります。

これも知識を考慮に入れて声を出しているか、ただ「これでいいじゃね?」くらいのスタンスで声を出しているかの違いだと思います。

おわりに

ということで今まで書いてきた記事は何なんだ・・・という全否定にもなりそうな記事ですが最近良く思うので書いてみました。

そしてあまりにも無茶苦茶やってる方が多いようなので、今後新たにサイトを立ち上げある程度独学の方でも大きく道を踏み外すことがないようなコンテンツを作っていこうと考えています。

まぁいつになるかは全く分かりませんが笑

というこで簡単でしたが今回はここまで!