つんく♂さんの声帯摘出にみる様々な喉の恐ろしい病気

つい二ヶ月ほど前にショッキングなニュースが出まわりました

『つんく♂ ガンで声帯摘出を公表』

リアルに「エエッ!?」って声が出ました、現役バリバリのシンガーソングライターですしめちゃくちゃ有名な方ですからね。

二十代の私でもシャ乱Qの曲は有名な曲であれば知ってるし歌えますし、モーニング娘。も知ってますし、℃-uteも好きですし。

この一件でつんく♂さんの決断に賞賛の声が上がりましたが、今回ここではそうなった要因や症状の方にフォーカスしてみようと思います。

つんく♂さんは【喉頭がん】という病気によって声帯摘出を余儀なくされましたが、その他喉にまつわる恐ろしい病気についていろいろと知っている範囲でお話しようと思います。

photo credit: Fuente: COM SALUD via photopin (license)

スポンサーリンク

まずは【喉頭ガン】【咽頭ガン】について

出来る場所によって名称は違いますがリスク要因はほぼ一緒です

当たり前ですが咽頭部に出来るガンか喉頭部に出来るガンかという違いです。咽頭部は鼻腔の入口辺りから食道への入口の辺りまで、喉頭部は喉仏、声帯がある部分の辺りですね。

咽頭ガンの主な症状

咽頭部といっても範囲が広く主に3つに分けられるみたいです。その部分によって役割が違うのですがそれらに何らかの不調を感じるようです。

主に鼻に関する症状(鼻づまりや鼻血)や耳に関する症状(耳のつまり、聞きづらい)、喉に関する症状もあります(飲み込む時に違和感を感じる)などです。

喉頭ガンの主な症状

咽頭部と比べると範囲は狭いですがこちらも3つに分けられています。こちらも部分によって微妙に症状は違いますが主に感じる症状としてはやはり声に関することが多く、嗄声(声が掠れる)や喉の異物感、嚥下時の痛みなどがあります。

この2つのガンの主なリスク要因

詳しいことは医者ではないので分かりませんが、この辺りに出来るガンのリスク要因はたばこであるという事は確定しているようです。喉頭ガンの患者は90%以上が喫煙者というデータがあり、また女性より男性の方が10倍近く発生率が高くなっています。これは男女の喫煙率の違いともリンクしているといわれるようです。

加えて喫煙と飲酒が合わさるとさらによろしくないようで、リスクがググッと上がります。

よく聞く【声帯ポリープ】について

2枚ある声帯の片側に出来る事が多い「血豆」です

後で書く【声帯結節】とよく混合されがちなんですが、こちらの特徴は声帯の片側に出来る事が多いです。また血豆なので特別喉を酷使していなくてもちょっとした事(くしゃみや咳)でも出来る可能性があるというのも特徴です。

声帯ポリープの主な症状

大小あれど膜にポコっと豆が出来るわけで声帯がしっかり閉じれなくなり高音発声時、特に裏声が出しにくくなるようです。また閉じようとしても隙間が出来るのでそこから活きが漏れやすくなり、1回のブレスで歌える長さが短くなります。

声帯ポリープが出来る要因

上にも書いたようにくしゃみや咳でも出来る可能性があり、出来た瞬間に声を出そうとするとその時点で声の出しづらさを感じるみたいです。

私も友人と一緒にカラオケに行ってその友人がお酒を飲んで大声で歌っている時声が一瞬で”抜けて”しまったのを見たことがあります、後々病院でみてもらうとポリープだったみたいです。

声を使う方によく出来る【声帯結節】について

声帯の左右対称に出来る「タコ」みたいなものです

これは基本的に突然出来るものではなくて、声帯の同じ場所に余計な力が加え続けられていると徐々に出来てくるものです。なのでポリープみたいに突然「あれ?明らかになにかおかしい?」って感じではなくて最初は違和感程度で「なんだか喉に違和感があるな?」程度から段々はっきりとした症状が出てくることが大半です。

ペンダコとか足の裏に出来るタコもある日突然出来ないですよね?徐々に硬くなって気づけば出来てるって感じですが、それが声帯にも出来ちゃうわけです。

声帯結節の主な症状

症状自体はポリープと似たようなものでやはり高音発声時に違和感や出しづらさを感じることが多いようです。またしっかりと声門閉鎖が出来なくなるので声が掠れてしまうこともあります。

全ての症状にいえる効果的な予防法

煙草・酒をせず無茶な声の出し方をしない

ということが全てに言えます、煙草は言わずもがな身体にとっても喉にとってもまさに百害あって一利なしです。酒に関しても適量であればいいですが、煙草と合わせたり大量に飲んで声を出すのは破滅的です。

参考記事 声が枯れないお酒と歌の上手な付き合い方と喉を労わる方法

加えて声の出し方も大きな要因であります。何度もブログで書いていますが声帯というのは本当に小さく脆いパーツです、何時間も無茶苦茶な使い方をして耐えられるほどの耐久力はありません。

無茶苦茶すると結構簡単に上で書いたような病変が起きます。

おかしいと思ったらすぐに病院に行く

声の不調には出来るだけ安静にして声を出さないように治療できるものと、それだけでは時既に遅しで治療が必要になるものがあります。

上で書いたようなのは基本的に最初期以外は病院での治療を受けない限り治りません。ポリープは出来たての小さい時は自然消滅することもあるみたいですがある程度時間が経ってしまうと手術で切除する必要がありますし、結節の方は出来たてでその症状に気づけることがすくなく大抵長期間放置して硬くなってしまっているのが大半です。そうなると発声方法やその他の要因を長期的に治していく必要があります。

なので少しでも不調が続くようならすぐに病院に行きましょう。出来れば声に理解がある耳鼻咽喉科の先生がいる所がベストです。

最後にちょっとつんく♂さんについて

後悔先に立たずですが・・・やっぱり悲しい

声帯切除に関してはご本人がそれはもう想像出来ないくらいの葛藤があってのことだと思うので、それについて語るほどの言葉を持っていません。ですがあの主メロを歌っている声よりも耳に残るコーラスが聞けなくなると思うと・・・

しかしつんく♂さんには作詞家としても作曲家としてもプロデューサーとしても歌を歌うという以外の部分でも圧倒的な能力があります。今後も心より応援しています。

スポンサーリンク
記事のタイトルとURL をコピーする

↓このブログ記事著者のレッスンを受けてみる↓ レッスンのお問い合わせはこちら!